身体障害者の雇用報告は7月15日まで

header_column

1.障害者雇用報告と納付金制度

民間企業の場合、雇用する労働者の数が常時45.5人以上の事業主は、毎年1回、6月1日現在の身体障害者、知的障害者及び精神障害者の雇用に関する状況を報告しなければなりません(障害者雇用促進法43条第7項ほか)。

 該当する企業には5月の下旬に報告書式が送られてきますので、必要事項を記載して7月15日までに報告をします。
 この時期は労働保険の概算確定申告、算定基礎届、住民税額の天引き変更等もありますので、年間スケジュールの中の繁忙期でもあります。

 さて、従業員が一定数以上の規模の事業主は、従業員に占める身体障害者・知的障害者・精神障害者の割合を「法定雇用率」以上にする義務があります(障害者雇用促進法43条第1項)。

 現在、民間企業の法定雇用率は2.2%です。従業員を45.5人以上雇用している企業は、障害者を1人以上雇用しなければなりません。

 そして、常用労働者が100人を超える企業は、障害者雇用納付金制度の対象になります。また、法定雇用率を達成している場合も、障害者雇用納付金の申告が必要です。
 
 この納付金制度は、法定雇用率を達成していない企業のうち、常用労働者が100人を超える企業は、障害者雇用納付金を納入する一方で、法定雇用障害者数を超えている企業には、雇用障害者の数に応じ、調整金を交付することを通じ、障害者の雇用促進を目指すものです。

2.障害者雇用状況の集計結果
 
 厚生労働省が公表する障害者雇用状況集計結果によると、平成29年の民間企業における法定雇用率は2.0%で、雇用障害者数は49万5,795人と過去最高を記録しましたが、この法定雇用率を達成した企業の割合は、50.0ポイント(対前年比1.2ポイント上昇)となっており、雇用達成している企業は増えているものの半分の企業にとどまっています。

健康保険と介護保険料率変更

header_column

全国健康保険協会(通称:協会けんぽ)に加入している会社については、平成30年3月分(4月納付分)から保険料率がかわりますが、都道府県ごとに内容が異なります。

今年の変更は、支部ごとに「引上げ」、「据え置き」、「引下げ」に分かれます。
全国健康保険協会の都道府県支部の保険料率はこちらで確認ください→
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h30/300209

*40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)は、これに全国一律の介護保険料率(1.57%)が加わります。尚、介護保険料率は引き下げられました。
*3月から社員が負担する保険料率に変更がある会社で3月が賞与支払月になる場合、変更後の新保険料率で計算し3月中に支払う賞与から天引きをお願いします。

[採用情報]パートタイム募集

header_column

*パートタイム採用が決まりました。ご応募、ありがとうございました。

 

 

現在、パートタイムスタッフを募集しております。

おもに社労士業務アシスタント・オフィス事務のスタッフ職を希望する方を探しております。

一緒にクライアント企業の役に立ちたいという志のある人の応募をお待ちしております。

連絡先: info@1s-of.com

 

■自分の時間をコントロールできる人を大募集。オフィスは職住接近型を目指していますから、近隣の方を最優先します。 (当方は、最寄駅:渋谷区の代々木上原より徒歩2分)

■明るく仕事に誠実に取り組む方

■PC操作が可能な方

■ワード、エクセルの操作は必須です。

■電子申請のためのデータ管理に積極的にかかわれる人

■資格勤務時間目安:1週間に20時間程度 勤務日と勤務時間は、9時から18時の間で相談のうえ決定します。

■時間給 1,000円~

■雇用期間は3か月とし、契約の更新は意欲と仕事量などで判断します

■通勤手当 (1勤務日につき上限500円)

■労災加入、雇用保険は該当者加入

 

社労士パートナーも同時募集しています。

ご応募をお待ちしております。
連絡先: info@1s-of.com

特許権利を会社のものにする手続き指針を検討

header_column

7月初旬の参院本会議で可決、成立した改正特許法。指針が出るそうですが、今後注目ですね。

同法に基づいて特許庁がつくる新たな指針は、特許の権利を「会社のもの」にする場合に労使が取るべき手続きを定めるとのこと。特許庁は16日に開く審議会に指針案を提示した上で、来年初めにも正式決定。来年4月をメドとする改正特許法の施行後すぐに告示するようです。

新しい技術を研修開発する会社の就業規則等は変更が必要になりそうです。

オリジナル マネジメントブックレット

以前、オリジナルマネジメントブックレットを受け取っていただいた方から、メールをいただきました。有給休暇の問題が社内で起きたので、少し教えてほしいというご相談でした。

週に2~3日勤務をする人に有給休暇をどうやって与えたらよいのかという疑問だったようです。

ブックレットには、一週間の勤務日数が少ない社員に与える、有給休暇の比例付与日数を記載していますので、私を思い出していただいたようです。ご連絡をいただけるとうれしいですね。

有給休暇も解説している、ブックレットを差し上げています。
労務管理・人材マネジメントのポイントを絞っています。
単なる法律解説ではありません。
日頃よく受けるご質問を取り上げ、深ぼりしました。
是非こちらのページから資料請求を。

社労士三田会設立10周年記念講演会&総会&懇親会

2015 年7 月4 日(土)慶応義塾日吉キャンパスで、社労士三田会設立10周年記念講演会&総会&懇親会があります。
講演会は慶應義塾大学の清家塾長をお迎えします。
講演会は事前申し込み不要で、社労士三田会会員でなくてもどなたでも参加いただけます。ぜひご参加ください!
副会長を仰せつかっている私ももちろん参加します。
http://srmitakai.jp/pdf/20150704kinenkouen_kounshinkai.pdf
http://srmitakai.jp/?p=1187

ほぼマンスリーニュース220号

早いもので今年も残すところあと1週間になりました。今回は、人事管理に関連する「平成27年に変わること」をまとめてみたいと思います。

安全衛生法の改正ではストレスチェックの開始が決まっており、秋頃にはマイナンバーが皆さんに通知されること等が予定されています。

続きは、こちらでお読みいただけます。
ワンズライフコンパスのホームページにアクセスしてご覧ください。
http://www.1s-of.com/mailmagazine/24122014.html

xmas2014

社会保険労務士三田会 ホームページ更新中

昨年度から、社会保険労務士三田会ホームページ更新を担当しています。このブログと同じくワードプレスで更新しています。

社労士三田会のホームページは、会員と役員のみなさんのご尽力で、年間行事がありますので、ホームページは、予告と報告を掲載していくと、結構な更新回数になり、一年半のうちにだんだんコンテンツもたまってきました。

交流の記録を兼ねていますがら、このブログに比べて写真を多く載せられるのが更新担当の楽しみでもあります。

年末年始には、忘年会と研修会があります。集まりがあると、やはり同じお仲間ということで、打ち解けて話ができるいい時間です。会員の構成は今のところ、先輩のほうが多くいらっしゃるので、経験談も伺えたりします。

活動告知を更新しましたのでよろしければのぞいてみてください。

http://srmitakai.jp/