テレワークマスター企業支援奨励金

header_column

東京都と東京しごと財団が、テレワークを実施した東京都内の中小企業に行う奨励金に「テレワークマスター企業支援奨励金」があります。
2020東京大会に合わせて1か月コースと2か月コースが加わり、1・2・3か月の3コースになりました。

1. 対象企業
常時使用する労働者が1人から300人以下の都内中小企業

2. 要件
「テレワーク東京ルール」実践事業宣言に登録し、「計画エントリーシート」をアップロードし、トライアル期間中(5/12~10/31)にテレワークがなじむ仕事をしている社員の7割以上が週3日以上、1~3か月間テレワークを実施することなどが要件です。

3. 奨励金の額
奨励金は、テレワークを実施した人数と期間に応じて金額が決まっており、かかった経費に対して、最大最大80万円が支給です。70人以上が3か月コースを実施したと認められたときが最大尾80万円です。取り組み期間が長いほうが、奨励金額が多くなっています。
7割以上とは、現場での作業がある社員等を除いて、テレワークがなじむ社員の7割以上が実施していることです。

対象となる経費は、パソコン・タブレット・VPNルーター等の購入費用は含まず、通信費・機器リース・ソフト利用料・テレワーク手当・サテライトオフィス利用料などで、社員がテレワークを実施するために企業が負担した経費です。他の奨励金の給付対象とした経費は、二重で申請できません。

4. 事前の計画エントリーシート提出期限
コースごとに提出期限があります。
3か月コース 令和3年7月31日まで
2か月コース 令和3年8月31日まで
1か月コース 令和3年9月30日まで

*奨励申請書の提出は、令和3年9月1日から令和3年12月10日までで、
現在は持ち込み提出ではなく郵送による受付のみとしています。
なお、予算の範囲を超えると終了となります。

詳細については、東京しごと財団のホームページでご確認ください。
https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/tele-trial.html