改正案:70歳までの雇用を努力義務

header_column

厚生労働省は国会に甲改正案を提出して

65歳から70歳までの高年齢者就業確保措置(定年引上げ、継続雇用制度の導入、定年廃止、労使で同意した上での雇用以外の措置(継続的に業務委託契約する 制度、社会貢献活動に継続的に従事できる制度)の導入のいずれか)を講ずることを企業の努力義務にするなど、70歳までの就業を支援する方向で進めています。改正案は成立すると令和3年4月施行となる予定です。改正案の概要はこちら。

高齢者の雇用厚生労働省へリンクhttps://www.mhlw.go.jp/content/000591657.pdf