雇用調整助成金の5月・6月の特例措置

header_column

雇用調整助成金の5月・6月の特例措置の内容が公開されました。給付内容が一
部、下がります。

(以下、ここでは、中小企業の給付を記載しています)。

〇1 原則は、日額上限が13,500円で支給率は10分の9に下がります。
   

〇2 *1業況特例
    前年または前前年3月~5月と今年の3月~5月を
    比較して30%以上売り上等が低下している
    (複数事業所があっても雇用保険の適用事業番号が同じときは合計で判
     断)

   又は

   *2知事等の要請を受けて時間短縮営業自粛する飲食店や・休業する百貨店施   
    設等
       
 については、日額上限が15,000円で支給率は10分の10のままとなります。

就労場所が複数ある会社については、

〇2*1の業況特例は、雇用保険適用事業所単位でみますので、*1に該当する
場合で複数の事業所があっても、全員分が特例になり今まで通り1つまとめて申
請することになります。

〇2*2は、短時間自粛営業・休業する大型店舗や飲食店だけが15,000円の支給
になりますので、給付割合が異なる時は、2つに分けて申請することになります。

・・・Q&A10-22, Q&A10-23に記載されています。
細かいですが、Q&Aは以下の厚労省ページです。
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000775270.pdf

以上の変更は、賃金締め切り期間中に対象期間があれば対象になり、たとえは、

毎月月末が、賃金締め切りの会社は、5月1日~休業分を6月はじめに準備する申
請から変更になります。

又は、

毎月15日が賃金締め切りの会社は、5月16日~休業分を6月15日以後に準備する
申請から変更になります。

参照)厚生労働省リーフレットの通りです(なお、法令措置等の整備が必要なため一部は予定となっています)
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000775219.pdf

もう少し情報が出てきましたら追加でお知らせします。