雇用調整助成金の7月8月の特例措置

header_column

雇用調整助成金の「特例措置の2021年8月末までの延長予定」が公開されました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/r308cohotokurei_00001.html

〇1 原則は、(中小企業は)日額上限が13,500円で支給率は10分の9に下がります。
   
しかし、

〇2 *1業況特例
    前年または前前年3月~5月と今年の3月~5月を
    比較して30%以上売り上等が低下している
    (複数事業所があっても雇用保険の適用事業番号が同じときは合計で判
     断)

   又は

   *2知事等の要請を受けて時間短縮営業自粛する飲食店や・休業する百貨店施   
    設等
       
 については、日額上限が15,000円で支給率は10分の10のままとなり、それが「8月
末まで延長される予定です。」

【注意点として】
〇2*1業況特例は、3~5月では該当しなかったが、4~6月に30%以上売り上げ等が
  低下している企業は、6月以降に初めて業況特例で申請するケースもあります。

〇2*2は、勤務地が複数ある企業は、短時間自粛営業・休業する大型店舗や飲食店だけ
  が15,000円の支給になりますので、給付割合が異なる時は、2つに分けて申請するこ
  とになります。

5月から*1業況特例を利用した会社が6月以降続けて申請する際は、売上金額資料
を再度提出する必要はありません。(5月の業況特例状況のコピーを提出します。)
 
例えば毎月15日が賃金締め切りの会社は、特例の終わりは8月を含む期間の9月15日までが対象になる予定です。

今後も変更があればお知らせする予定です。