最低賃金の引き上げ

header_column

最低賃金は、毎年10月ころに改定が行われます。令和3年については、地域別最低賃金改定の引き上げ目安は28円と示されました。

令和3年8月13日の厚生労働省の報道資料によると、全国加重平均は930円の予定となっており、28円の引き上げは、昭和53年の目安制度が始まって以来で最大の引き上げになるようです。

今後は各都道府県で改正への手続きが行われ、例えば、東京都は1,041円、大阪府は992円、神奈川県は1,040円となる予定です。

賃金を引き上げて、生産性の向上も目指すときは、上記の業務改善助成金を利用することも考えられます。

詳細については、厚生労働省のホームページでご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html