ワンズライフコンパス

header_oneslifeconpass


ワンズライフコンパスでは以下の業務を行っております。

コンサルティング

ワンズライフコンパスのコンサルティングの基本的な流れは、まず企業で起こっている問題点を何かを把握することから始まります。具体的には、経営者および人事部門と従業員にヒアリング調査し分析します。

そして、必要とする人事評価制度を見直し、それに沿った賃金や退職金制度を提案します。また、社員活用型ワークライフバランスの構築、メンタル疾患休職者の職場復帰制度など個別の制度をニーズに合わせてご提案します。

施策が機能するように仕組みを作り、運用を始めてからも継続した改善が必要です。ヒアリング調査・制度構築・運用までの期間は、ケースによって異なりますが、半年から1年が目安です。

がんばった人にきちんと給与をはらっていく制度がうまく実現するのは制度を導入したときがスタートラインです。そして、その後の継続運用が大事です。

評価や労務顧問を継続して相談いただく場合は、社労士顧問をお受けすることもできますので、フォローまで安心していただけます。

中堅規模の会社、または社員規模が少ない会社でも、何らかの評価をして、処遇をしていると思いますが、その基準が明確に社員へ示すことができていない場合があります。また、採用の際に、処遇を説明することができれば、新人が目指すキャリアの道筋が見えてきます。

経営者の人事処遇と給料に対する思いを形にしていくこと、そして社員がそれを理解し組織に貢献する行動を起こすようにする。それが制度構築の目的でしょう。

具体的な提案は経営者の社員に対する思いを伺って、方針をきめて、人事制度と賃金制度を構築します。

1.人事評価のしくみ検討
能力の保有度合い(グレード)と社内の職種によって職務調査をし、グレードに求める職務ミッションを作成。
職務調査は、社員規模が大きい企業では聞き取り方式もしくは、社員代表者を巻き込んだワーキンググループで作成。
そして、上位グレードへ(または、下位グレードへの)の昇降格付け基準を明確にします。
2.賃金評価のしくみ検討
評価項目は、グレードに求められる基本的能力と社内独自ミッションを実現したかを評価。
ただし、成果評価を重視する場合でも、社員のライフステージにこたえるため毎年ある程度の額は昇給させる仕組みも可能。
毎年の昇給額は、経常利益等から原資を決定する等、がんばった成果をがんばった社員へ払う仕組みも提案。
在籍者の賃金額を新制度へ移行するために経過措置を作成。
3.賞与評価のしくみ検討
賞与額には成果を反映できるものを提案。また、規模が小さい企業では、賞与評価を改めて行わず、人事評価の中から成果を評価項目を抽出した評価点を賞与に反映します。
そして、利益によって賞与原資を決定し、職務ミッション等の実現を評価して配分する仕組みを提案。
これまで、基本給に係数をかけて賞与額を決定していた会社も多いようですが、評価から成果評価を取り出して支給係数にすることで、より短期間の貢献度を賞与支給に反映することが可能になります。
4.労働時間管理の整備・給与規定の作成
労働時間の把握を整理し、法令基準をきちんと満たした時間外手当の支給を提案。人事考課規定と給与規定を作成。
5.社員への説明・考課者訓練
新制度を社員へ説明します。新しい賃金制度への変更をきちんと説明し、各社員から同意の意思を取ります。また、評価を実査に行う管理職には、モデル評価を使った評価者訓練を行い、部門間の評価の違いが起こらないように調整します。

これで、制度運用に入りますが、定期的な見直しが必要になる場合がありますので、適時ご相談ください。

継続顧問契約をいただくとその後の労務管理の相談が安定して受けられます。

*注1)人事コンサルティングについてお問い合わせ:会社名、お名前や、ご要望の概要、ご連絡先等をこちらの問い合わせフォームからお送りいただくか、電話をいただき、後ほど弊社からご連絡します。日程によってはすぐにご相談に応じることができないことがありますので、予めご了承下さい。コンサルティングの打ち合わせの日程などを連絡します。

執筆・セミナー

人事労務や労働・社会保険法令をわかりやすく解説します。執筆、講演のご依頼は会社名、お名前や、ご依頼概要、ご連絡先等をこちらの問い合わせフォームからお送りいただくか、電話をください。後ほどご連絡します。

実績1) 執筆

2015.06.15~現在 雇用形態別 人事管理アドバイス
執筆参加し更新中です
雇用形態の多様化をふまえ労務管理のアドバイスをQ&Aで雇用形態別に解説しています。人材活用実務研究会著加除式書籍です。新日本法規出版刊ウェブからご購入できます
2013.01.31~現在 雇用形態別 人事労務の手続きと書式・文例
執筆参加し更新中です
雇用形態の多様化をふまえ労務管理で必要な書式と文例を雇用形態別に解説しています。人事労務手続き研究会著 編集代表:佐藤純氏 執筆者21人加除式書籍です。新日本法規出版刊ウェブからご購入できます
2014.1.10 人事パーソンの雑誌 ビジネスガイド 2014.2号に寄稿しました
傷病手当金の受給トラブル回避 P41~P48
メンタル疾患で休職する社員へ事前に人事担当が説明するべきポイント
2013.10.10 人事パーソンの雑誌 ビジネスガイド 2013.11号に寄稿しました
連載高年齢雇用制度の運用事例と今後の課題 P52~P59
第2回~高年齢者事例紹介~
「76歳の技術専門職をフルタイム勤務で雇用する会社の例」
2005.02~2011.04まで 毎月、銀行・銀行系経営コンサル会社向け人事労務コラム出稿
地方銀行2行、都市銀行系コンサル会社ほか
合計約200本
2009.05.01 日本経済新聞 夕刊 ライフプラス面
「産前・産後・育児休業と社会保障等特集記事」
取材協力
2008.12 パートタイマー採用・育成マニュアル
二宮孝氏・和田泰明氏・住美賀子氏・横田和実氏・大関ひろ美 編  に共著参加
東京都産業労働局 雇用就業部 労働環境課 発行
東京都セミナー会場等で配布されました
2006.02 「パート・アルバイト・派遣の使い方」ここが間違いです!
かんき出版刊
2008年04.20~2008年04.26八重洲ブックセンターフロア
別週間ベストセラー2階フロア 第4位獲得
2002.07 帳票電子化に関する制度/規制など調査
株式会社コンサルティングファームに
調査協力
book_01 book_02
book_003
book_04
book_05
このページのトップへ

 

実績2)セミナー・講演

2015.05~現在 「定例セミナーのテーマ例」
パワーハラスメント防止 ・ 社内コミュニュケーションにおけるアサーションとは ・ メンタル疾患の休職社員の復職支援 ・ ライフプランと仕事の両立 ・ 働き方意識改革と労働生産性向上ほか
企業・団体の経営者・管理職および社員むけ
2016.05.19 「労働保険と雇用保険の仕組み」
事業主が知っておきたい労働保険のポイントと、雇用保険で利用が始まったマイナンバーの収集と安全対策を話しました
東京司法書士協同組合セミナー
2014.04.05 「司法書士法人・事務所人材マネジメント」
司法書士代表の方を対象に、労働法や社会保険法概要と、人材マネジメントの概論を話しました
司法書士三田会研修会
2014.08~2019.12 傷病手当金給付「社会保険審査会裁決の最新動向」セミナー で裁決事例を解説 一般社団法人)企業福祉・共済総合研究所主催
2009.06~2019.12 「傷病手当金(メンタル・休職者の社会保障)セミナー」
健保組合、協会けんぽの中堅実務者・事業運営者を対象メンタルの傷病手当金給付実務と労務管理を解説
一般社団法人)企業福祉・共済総合研究所主催
2013.8.22 女性職員セミナー 仕事を前向きに楽しむ「情報収集技術と仕事のだんどり術」 一般社団法人)企業福祉・共済総合研究所主催
2012.11.20 傷病手当金給付「社会保険審査会裁決の最新動向」セミナー 一般社団法人)企業福祉・共済総合研究所主催
2012.11.16 メンタル疾患傷病手当金給付セミナー 流通業健康保険組合
2012.05.29 傷病手当金給付実務セミナー 健康保険組合港方面会
2011.11.07 社会保険審査会の裁決例に見るメンタル疾患の傷病手当金 ○○共済組合
2011.10.28 メンタルに起因する傷病手当金セミナー 全国健康保険協会
○○支部
2009.07.~ 2009.10 東京都両立支援:
ワークライフバランス導入推進について 全3回セミナー
東京都労働相談情報センター
2008.05.17 労働契約法・パートタイマー労働法 社労士有志勉強会
2006.06.03 社会保険論
介護保険と2005/2006年改正
私立大学 大学院で
臨時講義
2006.04.19 パート・アルバイト・派遣の労務管理 東京商工会議所世田谷支部
2006.03.09 パート・アルバイト・派遣の労務管理 株)コンサルティングファーム
月例メンタージャム
2005年度 改正介護保険のポイント
全2回セミナー
ファイナンシャルプランナー向けほか
このページのトップへ

 


雇用形態別人事労務の手続きと書式_文例 雇用形態別人事管理アドバイス