65歳以上の人も雇用保険の対象に

header_column

2017年1月1日から、65歳以上の人も雇用保険の高年齢被保険者になります。
2016年12月31日までは、65歳になった以前から被保険者だった人は、そのまま高年齢継続被保険者でしたが、65歳以上になって雇用された適用事業所では新たに被保険者になれませんでした。
具体的には次の手続きになります。

1)2017年1月1日以降に新たに65歳以上の人をこようしたときは、雇用保険被保険者資格取得届を提出します
2)2016年12月31日現在で65歳以上の高年齢継続被保険者になっていない人を雇用しているときは、1)と同様に取得届を提出します
3)2016年12月31日現在で65歳以上の高年齢継続被保険者になっている人を雇用しているときは、届け出は不要です

65歳以上の人も雇用保険料を負担することになりますが、2018年度までは免除となりますので、2017年1月~2019年3月までは負担がありません。

詳しくは、厚生労働省のこちら→PDFのページで確認をお願いします。