2016年までに富裕層上位1%が富の半分以上を保有

長年聞いている英語ニュースの気になるニュースのソースを書き留めておきたいと思います。今読んでいトマ・ピケティ氏 の新資本主義にも以下のレポートトを引用している部分があって記憶に残りました。

2015.1.23

昨年に引き続き、オックスファムはダボス会議開催と合わせて、今年も格差に関する報告書を出しました。本報告書では、拡大する格差が抑制されなければ、2016年には富裕層上位1%の富は、その他99%の人々の富を上回ることを言及しました。今月19日、ダボスで毎年開催される世界経済フォーラムに先駆けて、警鐘を鳴らしました。

富裕層上位1%が所有する世界の富の割合は2009年の44%から、2014年には48%に増加し、2016年までに50%を超えると指摘しています。2014年においては、富裕層上位1%が、成人一人あたり平均2700万ドルの資産を保有していました。

オックスファムジャパンのリリースページから引用しました

http://oxfam.jp/news/cat/press/20161.html