労務管理

column

テレワーク推進強化奨励金(東京都)

オミクロン株等の感染症が急速に拡大しています。何としても感染拡大を予防し経済活動も継続するべく努力されているところだと思います。 さて東京都は、予防のため有効なテレワークの定着を図る為、「テレワーク推進リーダー」を設置した都内中小企...
column

雇用調整助成金 大企業の給付拡大

厚生労働省は8日、1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県)に出した緊急事態宣言に伴う、型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置(休業の助成率)を拡大すると公表しました。 大企業の助成率を3分の2から5分の4へ、 解雇等...
column

労働者性とフリーランス

コロナ感染予防によるテレワークの拡大、または、政府の副業の推奨や、委託業務の仲介事業者の知名度アップなど、働く環境の変化を受けて、業務委託で仕事を受注するフリーランスで働く形態が定着してきています。ただし、フリーランスが業務委託で受注してい...
column

雇用調整助成金の特例措置

雇用調整助成金の特例措置はいつまでですか? お問い合わせを受けることがあります。 現在、厚生労働のホームページには、特例措置は9月30日まで。と、掲載されていますが、報道発表として厚生労働省のリリースを見つけました。10月1日には、雇用調...
column

雇用保険の給付制限期間が2か月に

令和2年10月1日以降に離職された方は、正当な理由がない自己都合により退職した場合であっても、5年間のうち2回までが給付制限期間が2か月になります。 現在、令和3年9月30日までに正当な理由がない自己都合により退職した場の給付制限期間は、...
column

東京都、2020年は据え置き1013円

厚生労働省は、地方最低賃金審議会が21日までに答申した2020年度の地域別最低賃金の改定額を取りまとめました。 東京都の最低賃金は、1,013円で据え置きになります。大阪府も964円据え置きです。 改定後の全国加重平均額は902円(昨年...
column

雇用調整助成金算定過程簡素化へ

厚生労働省の2020年5月6日報道発表によると 小規模の事業主(概ね従業員20人以下)については、「実際の休業手当額」を用いて、助成額を算定できるようになります。 ※ 「実際に支払った休業手当額」×「助成率」=「助成額」となるようです。...
column

雇用調整助成金給付日額の動き

雇用調整助成金は、新型コロナウィルス関連で事業活動が縮小しており、従業員に休業手当を払うほか、要件に該当すると申請をすることができ、緩和措置が取られています。 今朝の報道によると、現在設定されている給付日額の上限8,330円に対して、与党...
column

新型コロナ雇用調整助成金 拡充詳細

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症をめぐる状況を踏まえて、雇用維持等を目的にした雇用調整助成金の要件緩和を実施しています。4月1日からさらに緩和措置が始まっています。支給要件の緩和や、申請書類と添付書類も簡素化もありますので、ご利用の方...
column

コロナウイルス小学校等休高により休業する保護者

厚労省は、新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の申請受付を開始しました。事業主は、有給休暇取得したときに支払う通常の賃金を従業員へお支払いしたとき、その補填としてこの助成金を申請できます。半休や時間単位休暇や短時間勤...